HOME>オススメ情報>医療ミスなどの医療裁判は医療に特化した弁護士探しが重要!

医療ミスなどの医療裁判は医療に特化した弁護士探しが重要!

男性弁護士

医療裁判になる医療事故・医療ミスで多いもの

医療裁判になることが多いのは、手技ミスだと言われています。それは、手術中に医師が医療ミスを起こしてしまい、患者に障害を負わすことになったり、死亡させてしまったりした場合です。また、手術中以外に検査などでキズを負わしてしまった時にも手技ミスと言われるようです。ただ、その手技ミスで、医師を訴えても過失を証明するのは難しいため、弁護士に相談するなど、よく考えてから行動するようにしましょう。

法律書

難しい医療裁判

医療裁判は、一般的な刑事裁判や民事裁判などに比べて難しくなっています。なぜなら、その裁判で取り扱われるのは医学の専門知識なので、医療分野に明るくない方には厳しい戦いになるからです。それに、医療ミスなどを訴えた患者側が、医師の過失を明らかにしなければなりません。医師の過失内容や過失によりデメリットが生じたことも明確にする必要があります。ただ、医学の専門的なものの証明になるとともにカルテなどの証拠品が医師の元にあるのも裁判を難しくする要因になるようです。

聴診器

中立な医療ADRについて

医療事故などが起こった際に、裁判を起こさないで、患者さんと医師の両者の争いを解決へと導く手続きを医療ADRと言います。医療ADRは、弁護士会に問合せをすると提供してくれるようです。それにより、患者側の弁護士と医師側の弁護士を代理人として、両者の意見を和解出来るよう尽力してくれます。相談を受けている施設でも、この方法を解決策の1つとして挙げているところもありますから、よく検討をしてみましょう。

知っておくと役立つ!医療に強い弁護士を探す方法

握手

医療関連の弁護をした件数に注目

医療関連の弁護が得意な弁護士は、日本には少ないと言われています。それでは、仮に医療ミスを訴えられてしまった時、とても困ります。それに、弁護士の経歴が長くても医療関連の弁護を行った件数が多いという訳でもないので、気を付けましょう。まず色んな弁護士事務所に、医療関連の事件や事故を弁護した方がいるか聞いてみてください。その中から、特に経験した件数が多い方を選ぶようにしましょう。

医療に専念した弁護士であるか

医療関連の弁護をした件数が多い方もいいですが、その中でも医療事故や医療ミスに専念した弁護士だと、なお良いです。専念した弁護士の場合、医療や医学に関係する法律に詳しいため、クライアントに有利な裁判を行ってくれるかもしれません。そして、難しい医学の文献や論文・カルテ等から、裁判を勝利に導いてくれる証拠を見つけて、それを元に医学裁判を行ってくれるので頼もしいですよ。

医学専門書がある弁護士事務所

医療裁判を行う際に、様々な医学の専門知識が必要になるようです。それにより、医学専門書が少ない弁護士事務所だと、迅速な対応が出来ない場合もあるでしょう。なので、多くの医学専門書を所有しているかを事前に確認してみることも重要です。図書館などで医学専門書を確認することも可能ですが、それには確認するのに時間制限が起こってしまいます。ですから、医療裁判で勝訴するための手段として、医学専門書が豊富な所を探してみるのもいいでしょうね。

広告募集中